読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

latest log

酩酊状態で書いたエンジニアポエムです。酩酊状態で読んでください。

ForceClick.js disable the force click in link navigation of iPhone 6s. (リンクの先読み機能を無効化)

ForceClick.js は force click によるリンクの先読み機能を無効化するライブラリです。

iPhone 6s Safari<a href="..."> をクリックすると、3通りのアクションが発生することはご存知でしょうか?

  1. 軽くタッチすると、リンクを現在のタブで開く (open link)
  2. 長めにタッチすると、コンテキストメニューが開く (longpress, open contextmenu)
  3. 強く押すとモーダルダイアログが開き、リンク先のページをプレビュー (force click on link navigation)

3番目の機能は iPhone 6s で新たに追加された機能です

普段使いには便利な機能なのですが、問題を誘発するケースがいくつか見つかっています。

WebGame における問題

「レイドボスと戦う!」と書かれたボタン状のリンクがあり、リンク先が戦闘画面だとしましょう。

そのような状況でリンクを強くクリックするとプレビュー画面上で戦闘が始まります。
そして指を離すと、すぐに終了してしまいます。

この場合サーバには「ユーザは行動した(行動力を消費した)。レイドボスとの戦闘は終了(中断)した。報酬なし」と記録されます。
ユーザは戦闘を離脱した自覚も持てず「なんだこのク◯ゲーは!!」となります。

軽い興奮状態にあるユーザは "ボタンを強く押してしまう" 前提でUI/UXを考える必要がありますが、防ぎようがありません。

許諾や支払いを行う画面における問題

リンク先がYES/NOなどの選択肢を含む確認画面だとしましょう。

そのような状況でリンクを強くクリックするとプレビュー画面上で確認画面が表示され、指を離すと閉じてしまいます。

システムはこれを「ブラウザバックが発生した」「ユーザが不正な操作を行った」「ユーザがキャンセルした」と判断するかもしれません。 トランザクションはキャンセルされ、商品の購入はできず、契約の締結も中断してしまうかもしれません。
問い合わせが来てしまいます。

force click をOFFにするお手軽な手段は今のところ提供されていません

色々見た感じですと、WebKit のエンジニアはこの副作用にまだ気がついていないようです。
<meta ...> で封印する方法は存在せず、-webkit-touch-callout:none-webkit-user-select:none のようにCSS で封印する方法も見つけられませんでした。

pointer-events: none も試してみましたが、 none にしてしまうとタッチ操作に一切反応しないため、リンクをクリックする事ができなくなってしまいました。

Next Action

ForceClick.js で現行の問題をカバーできるようでしたら、次は WebKit(Apple)に対して機能追加(改善)要求を出して行こうかと考えています。
つまり、このようなライブラリを必要とする対処療法ではなく、ブラウザ側が機能をON/OFFする方法を用意する(根本治療)に切り替えて行きたいです。

(ε・ ワ ・)з 遠慮せず手伝ってくれてもええんやで…

Demo

iPhone 6s で demo にアクセスし、上段のリンクを軽くタッチ, 長くタッチ, 強くタッチしたあとに、下段のリンクを同じように操作してみてください。下段ではそれらの操作が機能しないようになっています。
下段のリンクを軽く押すと背景色が青く、強く押すと背景色が黄色になります。