読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

latest log

酩酊状態で書いたエンジニアポエムです。酩酊状態で読んでください。

Re: Freezing Chrome for Ice Cream Sandwich

2015-03-03 にこういった記事が踊りました。

ついネガティブな思考に囚われた人もいるとは思いますが、あらかじめこのような事態を想像していた人も少なからずいるでしょう(もちろん、貴方もその中の一人だと思っています)

外部の変化に対応し、より客観的に物事を判断するためには、まずは数字を出す必要があります。

2012年以降に国内キャリアから発売されたデバイスで、いままで Chrome が使えていたが Chrome 43 以降は利用できなくなるデバイスの一覧

今回の記事に該当するデバイスは、国内だと36機種あります。

docomo au Softbank
SH-03F CAL21 SBM204SH
SC-01E KYL21 DM013SH
HW-01E LGL21 SBM107SHB
L-06D ISW13F SBM107SH
L-06DJOJO IS17SH SBM102SH2
N-08D IS15SH SBM106SH
SH-06DNERV ISW16SH SBM104SH
SH-07D URBANO PROGRESSO
P-06D ISW13HT
P-07D IS12S
P-08D IS12M
F-09D ISW11SC
F-12D IS11LG
F-12D ISW11F
ISW12HT

メーカー別

メーカー docomo au Softbank メーカー別合計
SHARP 3 3 7 13
SAMSUNG 1 1 2
HUAWEI 1 1
LG 2 2 4
NEC 1 1 2
PANASONIC 3 3
FUJITSU 3 2 5
KYOCERA 2 2
HTC 2 2
SONY 1 1
MOTOROLA 1 1
キャリア別合計 14 15 7 36

つまり?

これまで国内キャリアから発売されたデバイスは278個で、 そのうち、元々Chromeをインストール出来なかったデバイスは49個(17% = 49 / 278)あります。

Android 4.0 Chrome のサポート終了により、最新の Chrome を利用不能になるデバイスは36個(15% = 36 / (278-49) )です。

つまり、キャリアからもメーカーからも見放された 15% の赤点君を今回足切りすると言うことですね。

そして、そこに現在のAndroid 4.0のシェアを加味すると…

殆ど誤差の範囲になるのかもしれませんね。

「たったの 15%」と見るか「15% も」と見るか

(〜・ ワ ・)〜 僕はたったの 15% と見ました
(〜・ ワ ・)〜 ServiceWorker や ES6 の実装の足並みが揃わない可能性もありますが
(〜・ ワ ・)〜 まぁ、それ言い出したらキリがないので、それはそれですね
(〜・ ワ ・)〜 Chrome is moved forward. Come on, let's go! ですよ

(〜・ ワ ・)〜 このエントリは10分で作成しています〜 議論は数値を出してから〜