読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

latest log

酩酊状態で書いたエンジニアポエムです。酩酊状態で読んでください。

Adobe CS 6 が 次期 Mac OS X では起動不能になります。それに伴い Mac における Flash Lite (swf) のビルド環境も大きく後退します

確定情報ではないので、ポエムとして書きます(確定情報などは Qiita に書いてます)

https://github.com/uupaa/LatestLog/blob/master/2016-01.md#list-of-changes-in-the-browser-and-runtime-environment-which-is-scheduled-in-2016

  • 2016-09 - 次期 Mac OS から Flash Lite 用の swf をビルド出来なくなります
    • Java SE 6 サポート終了 → Adobe CS 6 起動不能 → Flash Lite 用 swf ビルド不能の流れです
      • El Capitan の次期OS は Java SE 6 をサポートしません
      • Adobe CS 6 は Java SE 6 が無いと起動しません(Adobe CS 5.5, 5 も同様に Java SE 6 が無いと起動しません)
      • Flash Lite 用の swf をビルド(publish)するには Adobe CS シリーズが必要です(Adobe CC シリーズではビルドできません)
    • 回避策
      1. 現在のビルド環境(El Capitan + Adobe CS 6 環境)を維持する
      2. VM に Mountain Lion や Snow Leopard をインストールし、ビルドする
        • Apple Store から古い OS イメージを $20 ほどで購入できます

関係者各位、ご留意ください。