読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

latest log

酩酊状態で書いたエンジニアポエムです。酩酊状態で読んでください。

WebModule ドックフーディングメモ

一人で黙々とドックフーディングしている WebModule の自分用のメモ。

開発支援を受けるために必要となるコード

動的に型チェックを行ったり、問題発生でAPIのリファレンスページへのリンクを表示するなどの開発支援を受けるには、このように書く必要がありました。

先週までのコード

function Foo_set(value) { // @arg Number/Integer(= 0): comment.
                          // @help: Foo
//{@assert
    _if(!Valid.type(value, "Number/Integer/omit"), Foo, "value");
//}@assert

    this._value = value || 0;
}

Foo["repository"] = "https://github.com/uupaa/Foo.js";
Foo["set"] = Foo_set; // Foo.set(value:Number/Integer = 0):void

//{@assert
function _if(value, fn, hint) {
    if (value) {
        var msg = fn.name + " " + hint;

        console.error(Valid.stack(msg));
        if (global["Help"]) {
            global["Help"](fn, hint);
        }
        throw new Error(msg);
    }
}
//}@assert

今週からはこのように書けます

土日で色々やった結果、より簡単に記述が可能になりました。

  • {@assert ... }@assert 長い気がする → {@dev ... }@dev で短く
  • @help 属性削れる気がする → 削った
  • 型のセパレータが / で、いまいち OR 演算子に見えない → | に変更
  • 関数の @arg 属性のフォーマットが関数ヘッダの書式(Foo.set(value:Number|Integer = 0):void)とずれてる → 合わせる

    • 先週 @arg Number/Integer(= 0): comment
    • 今週 @arg Number|Integer = 0 # comment
    • 5/20 @arg Number|Integer = 0 comment
  • タイプバリデーションのコードが長いし重複がある → 短く書けるように

    • 先週 _if(!Valid.type(value, "Number/Integer/omit"), Foo, "value"); なコードを、引数の数だけ記述
      • 値の範囲や内容の精査については別途記述が必要
    • 今週 Valid.args(Foo, arguments); 関数一個につき一行でOK
      • 値の範囲や内容の精査については別途記述が必要(先週と同じ)
function Foo_set(value) { // @arg Number|Integer = 0 comment.
//{@dev
    Valid.args(Foo, arguments);
//}@dev

    this._value = value || 0;
}

Foo["repository"] = "https://github.com/uupaa/Foo.js";
Foo["set"] = Foo_set; // Foo.set(value:Number|Integer = 0):void

実行結果

Foo.set("hoge") とすると、Foo.set(value:Number|Integer = 0) は文字列を受け付けないためエラーになり、ぞろぞろ情報がでてきます。

> Foo.set("hoge")

上記の画像では都合により Foo.set("hoge") ではなく Foo("hoge") の実行結果になっています。