読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

latest log

酩酊状態で書いたエンジニアポエムです。酩酊状態で読んでください。

Google というWebサービスの認識率向上による言葉や使われ方の変化

#ネタ

Google? なにそれ。Yahoo よりスゴイの? (1999年)

一般には認識されていないが、一部の人には Yahoo! の上位互換として認識され始める。
いずれ Google がネットのトラフィックの50%を掌握する存在になるとは、この時は、まだだれも予測できていなかった。

WebサービスのGoogleで検索する (2001年)

まだ、説明が必要な頃。

Googleで検索する (2002年)

人類が Google という言葉を広く認識し始める。

Google先生 (2005年)

「もしや、Google 先生は何でも知っているのでは…」 Google Maps の便利さを認識してしまった類が、人間の高次元の存在として Webサービスを仮想人格化し始める。

ググる (2007年)

日常会話に登場しはじめると、一気に言葉の短縮化が進む。

ググれカス, Yahooでググれ (2007年)

ネタにもされる。TVの超有名芸能人と同じぐらいの認識率(95〜98%)。

探す (2008年)

探す = Google で検索する

コンテキスト依存性はまだあるが、一般動詞を上書きし始める。

OK Glass! Search (2013年)

Google Glass による検索は恥ずかしさの壁に阻まれる。

ぐ、ぐぐ (?)

もはや辛うじて名残を留める。

視線を右上に移動させるだけで検索が開始される (201x年後半)

会話の前後から自動的にコンテキストと検索ワードを抽出し、自動で絞込検索を行う。

常に探す (202x)

探す前に探し終わっており結果だけ表示される。意識する必要がない。もはや概念。
裏で常に検索が走り外部記憶に一時的に保存されているような。ターミネーターのHUDがそれに近い。

f:id:uupaa:20130919055520j:plain